爪のトラブル 予防法

爪のトラブルの予防方法について。

爪のトラブルを予防するためには、まず丈夫な爪を作る必要があります。そのためには、爪の材料となる栄養を摂ることが大切です。

 

爪はタンパク質でできているのでタンパク質を摂りましょう。肉、魚、卵、乳製品、大豆などはアミノ酸バランスが優れた良質なタンパク質源です。

 

ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB2なども必要です。ビタミンAはレバーやうなぎに多く含まれています。

 

プロビタミンAと呼ばれるカロテンから体内で作ることもできます。カロテンはほうれん草、かぼちゃ、にんじんなど緑黄色野菜に多く含まれています。

 

ビタミンEは、うなぎ、かぼちゃ、アーモンドなどに多く、ビタミンB2はレバー、うなぎ、卵、大豆製品に多く含まれています。丈夫な爪を作っても爪に刺激を与え続けていれば爪のトラブルにつながります。

 

食器洗いの際は爪への負担を減らすために手袋を着用しましょう。ネイルをしている方は、たまには爪を休める日を作ってあげてください。

 

また、爪が乾燥しないようにオイルなどを使用することもおすすめです。爪は爪床という部位の水分によって潤いが保たれています。

 

爪床の70%はコラーゲンで、コラーゲンの保湿作用によって潤いがキープされています。コラーゲンをサポートする成分がケイ素です。

 

このケイ素が不足をするとコラーゲンの力が弱くなり、うまく水分補給ができなくなって爪が乾燥をしてぼろぼろに。そのため、オイルで保湿をするだけでなく、ケイ素も与えること爪の健康を守るために大切です。